毎日のアルコール消毒が不要な抗菌サービス業者を10社紹介!口コミや評判も徹底比較してます。

抗菌ウイルスサービスの施工方法と流れ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/21

感染症は高熱や咳などの症状が生じるので、多くの人が苦しめられてしまいます。そのような感染症の流行を防ぐには、感染症対策を行う必要があります。簡単に対策をしたい場合は抗菌ウイルスサービスを利用するのが便利ですが、施工方法や流れを理解しておいたほうが安心です。どのようなサービスなのかを、丁寧に紹介していきます。

塗布施工を行う通常の流れ

日本でも冬になると感染症が流行しやすくなりますし、いろいろなウイルスが存在するので、種類によっては1年を通して感染してしまうリスクが存在します。ウイルスは目に見えない特徴があるので、マスクなどで対策をしていても、大量のウイルスに触れてしまうと、感染するリスクが高くなります。

人間は知らぬ間に顔を手で触ってしまうので、手に付着したウイルスが人体の中に潜入してしまうリスクが常にあるのです。そのため手で触れるような場所にウイルスが存在すると、感染症が流行するキッカケになってしまいます。商業施設や病院などの不特定多数の人達が毎日サービスを利用する場所では、特に感染症対策をしておく必要があります。

簡単にウイルス対策ができるようなスプレータイプの商品も販売されていますが、そのような商品は効果の持続性が短いので、頻繁に使用しないといけません。費用対効果も余りよくないので、商業施設などであれば抗菌ウイルスサービスを利用するのが便利です。

抗菌ウイルスサービスでは塗布施工を行うので、基本的に専用の抗菌剤をコーティングして貰えますから、施工をした場所は1年程度は効果が持続します。 抗菌ウイルスサービスを利用する業者によっても、施工方法には若干の違いはあるかもしれません。ただ抗菌剤を塗布施工してくれる所を選んだほうが効果が長続きするので、業者選びをするときに知っておきたいポイントになります。

最初に問い合わせをすると見積もりを作成してもらえる

実際に抗菌ウイルスサービスを利用するときに、電話やメールで業者側に問い合わせをしてから打ち合わせの手順に進むケースが多いです。問い合わせの段階では抗菌ウイルスサービスの施工方法などについての説明を受けたり、どの程度の予算が必要なのかを相談することができます。 打ち合わせのときには、施工を任せたい場所や床面積の他に施工日時などを決めていくことになります。

床面積によって料金も変動してきますから、サービスを利用するお客さんによって見積り金額にも違いが発生します。基本的には見積りの段階までは無料で対応してくれる業者が多いので、取り敢えず見積りだけでも出して貰うのも賢い方法かもしれません。

見積り金額に納得した段階で契約が成立した状態になるので、打ち合わせのときに決めた日時に施工を開始してくれます。施工当日には専門的な知識を持ったスタッフが依頼した場所まで来てくれますから、お客さんは作業が完了するまでゆっくりと待機していれば問題ありません。

作業が完了する時間については抗菌剤のコーティングをする広さによっても変わってきますから、事前にどのぐらい時間がかかるのかを尋ねておくと安心できます。施設内だけでなく車両内なども施工してくれる業者は存在するので、不特定多数の人が乗車するようなタクシーやバスなども、サービスを利用すると便利かもしれません。

物などを動かさなくても施工は可能

抗菌ウイルスサービスを利用するときに、業者が施行しやすいように物などを動かさないといけないのかと不安になるかもしれませんが、基本的に普段の状態のままで施工をして貰えます。業者側は専用の機械を使用して、抗菌剤をコーティングしていきます。そのときに細かい粒子の状態になった物でコーティングをするので、狭い隙間の奥のほうもしっかりと効果を得ることができます。

またオフィスなどで抗菌ウイルスサービスを利用する場合も、パソコンやプリンターなどの電子機器に当たっても問題がない抗菌剤を通常は使用していますから、パソコンなどを他の場所に移す必要はありません。 人体にも害がありませんから、仮に施工作業中に部屋の中に依頼主が入りたい場合も出入りできるケースが多いです。人や環境に優しい施工方法が行われるので、安心してサービスを利用できます。

また施工の前にウイルスがどの程度存在するのかを数値で見せてくれるような業者もあり、そのような場合は施工後の数値も確認できるはずです。 ウイルスや細菌の量が減ったのかどうかは目で見ても分かりませんから、しっかりと数値でどのような変化が起きたのかを教えてくれる業者は頼りになります。基本的に抗菌ウイルスサービスを利用することで、ウイルスや細菌の繁殖を抑えるだけでなく、防臭や防カビなどの効果も得られるケースが多いです。

 

抗菌ウイルスサービスの施工方法には塗布施工が用いられるケースが多いです。抗菌剤をコーティングしていくので、1年程度は効果が持続する特徴があります。施工までの流れとしては業者に問い合わせをしてから打ち合わせの手順に進み、見積りを出して貰って金額に納得した段階で契約が成立します。その後に打ち合わせで決められた日時に施工が行われるので、簡単にサービスを利用することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめの抗菌・抗ウイルスサービスランキングはこちら

商品画像1
2
3
4
5
会社名株式会社関東抗菌サービス
キノシールド
ナチュラルフリー株式会社
ナノゾーン
株式会社ディライト
プラチナナノ
株式会社デルフィーノケア
デルフィーノ
ニチリンケミカル株式会社
セルフィール
溶剤の特長光触媒/銀イオン/プラチナ光触媒プラチナ光触媒空気触媒
料金プラン(~50㎡)4万8,000円要問い合せ9万8000円12万5000円要問い合せ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく